FC2ブログ

超大型アップデートがPSO3になる可能性

※ブログ内容はあくまでブログ主の主観であり、SEGAの発信している内容とは一切関係がありませんので予めご了承ください。

先日のPSO2STATIONにて夏以降にかつてない超大型アップデートを予定していると告知されたPSO2ですが、いよいよ”PSO2”としては終焉を迎える可能性があるのかもしれないとわたしは感じました。

もちろんサービス自体は続くと思いますし、今まで全国のアークス達が8年間積み上げてきた装備やらコスチュームやらはしっかりと残ることは確定していると思いますが、なぜ私がPSO2としての終焉を予感したのか、PSO2をサービス開始前からやってきた一プレイヤーとしての私見を書いていこうと思います。

その1
特殊能力移植の実装

これは今回のアップデートで一番の衝撃をうけましたね。なんせ特殊能力付けはサービス開始当初からの一番のエンドコンテンツであり、今でこそエンドレスクエストなどの真のエンドコンテンツが実装されていますが、まさか特殊能力を移植できるようになる日がくるとは思っていませんでした。

しかもこの特殊能力移植の一番やばいところは、移植の際に能力追加アイテムを付与できるところです。
今まではマーク系の能力などは超高額なレセプターなどを使わなければ絶対に付与できない能力だったのですが、それがチケットさえあればどんな能力も思うままに付与できるようになりました。

今までは素材自体が存在しないような特殊能力も少なくなく、とんでもない能力をつけていた廃プレイヤーはそれこそ1年以上かけて素材を準備し、能力付けに挑んでいた方すらいたと思います。

しかしこれからは、定期的に交換できるチケット(クラスエクスキューブはトレジャーショップで買えるので実質配布)さえあれば、徐々に特殊能力を進化させることが可能となっており、まわりのプレイヤーが廃装備だらけとなる未来が予想されます。

この時点でも長年PSO2をやってきたプレイヤーにとっては十分超大型アップデートだったわけですが、これは単に運営の方針の転換に付随する変更である可能性もあります。
理由は単純で単に
・クラスエクキューブを買わせることによるメセタ価値の向上
・能力付与アイテムの価値向上によるSG/ACスクラッチの売り上げ増加
を見込んでのことかも知れませんね。大多数のプレイヤーにとっては非常にありがたい神アプデだったと思います。

わたしもおかげさまで、今まで躊躇していた防御型ユニットへの乗り換えをあっさり決断できましたし、ようやく特殊能力付けがただの自己満足機能から、カスタマイズ機能へと進化できたように思えます。

しかし、PSO2といえば装備作成のマゾさというのがわたしの中でのアイデンティティだったので、この大サービスはなんだかもう終わりみたいだなと感じてしまいました。

その2
今までのPSO2ストーリーの終焉

EP1から続くストーリーはEP6で完全完結し、EP7は存在しないことが発表さましたね。
確かにEP6のストーリーは、今まで冒険してきた各惑星を周り、懐かしの面々との再会もありましたので
これもPSO2とのお別れを意味していたのかもしれません。
正直、EP3までは物語の繋がりも一応感じていたものの、EP4からは外伝的な感じが強かったので、ドラゴンボールよろしく強い敵を出しまくってインフレさせ続けた結果生まれた敵がシバであり、ドラゴンボールGTっぽいEP6になったのも頷けるような気がします。

話は変わりますが、たぶんPSO2のマトイってPSOでいったらレッドリング・リコ的な感じで出したキャラクターだったと思うんですけど、一度は自己犠牲になっておきながら結局歴史を改変して救い出されたので、ちょっとうすっぺらい感じになってしまったように思うんです。
仮面に関しても、なんか親子かめはめ波っぽいのをやって救われた感じですし・・・・
PSOではリコもフロウウェンも完全なる犠牲者であり、最後は主人公たちに殺されて成仏することしかできなかったからこそ悲しかったですし、印象に残ったんですけどね。

たとえSFという超未来な世界観であっても、失った大切な人は2度とは戻ってこない。だからこそPSOのシナリオに世界中の人々は感動したんだと思います。新型コロナウィルスの脅威にさらされている今の世の中だからこそ、考えさせられる内容です。

それに、自分の好きな人を都合よく生き返らせることができる世の中って何故かあんまり幸せになれない気がするんですよね。
別れがあるからこそ、犠牲になった人達のことを考えることができるし、命は唯一無二の存在なんだって教えてくれているような気がします。
FF7リメイクでもエアリスが生存するんじゃないかっていう噂が流れてますけど、ゲームのキャラクターだからって人の生死を人が決めて改変してしまうっていうのはあんまりわたしは好きではないですね。死があるからこそ、キャラクターでも「生きた一人の人間」になると思うのですが(ザックスしかり、死んだからこそ人は生きた証を残すことができる)。

その3
VITA版の終了

これはハードが古くなったせいもあると思うのであんまりPSO2の終焉とは結びつかないのですが、おそらく大規模アップデートにはグラフィック面などに関しても大幅なパワーアップが見込まれている可能性があるということですかね?
マルチプラットフォームを売りにしていたPSO2は、数年前までは公式の大会もVITA部門なるものがあり、あれはあれでなかなか盛り上がったんですけどね・・・


とりあえず現時点では、ただのアップデートなのか、PSO3になるのかはわかりませんが、わたしとしてはPSO2のアップデートで久しぶりにワクワクできていますし
スマホアプリのイドラも面白いですし、ディバイドクエストも新しいPSO2を予感できる仕上がりだったので(煮詰めは甘いですが)
まだまだSEGAも捨てたもんじゃないと思っています。

今は本当に世の中が大変なことになっていますし、そうでなくても「100日目で死ぬワニ」みたいにならないようにアップデートを楽しみにしているPSO2ユーザーたちが夏のアップデートを迎えられるように願っています。

↓記事がよかったら投票おねがいします。(クリックするだけでいいです)


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

Vitaの束縛を解き放ち(Switch? 奴は平成に置いてきた)新グラフィック・新システムになってPSO3爆誕!!!!・・ならいいんですけどね〜。個人的にはアクセサリー枠を今の4個から7個くらいにしていただけると神・認定になりますw

Re: No title

>にゃにゃシーさん
SwitchってそういえばPSO2遊べるんですよね。もう存在自体忘れてました(白目)
新グラフィックになる可能性は大いにあるかと!指がまがるようになるといいですね( *´艸`)
素材や目の付け所は本当によくできたゲームなので、マンネリを解消して生まれ変わってほしいです!