FC2ブログ

ヒーローはアクションが苦手な人への救済措置との濱崎Dのコメントに物申す

※この記事はGamer様のPSO2開発インタビュー記事の中で濱崎Dがコメントしていた内容に対しての意見として書いたものです。
掲載されるかわかりませんがほぼ同じコメントを公式ブログのコメント欄にも投稿しました。


元記事はこちらから


濱崎Dはヒーローはアクションが苦手な方の救済とおっしゃられていましたが、ヒーロー同士でもプレイヤー間で格差があるのが問題だと思います。

ヒーローは一定ダメージを受けると大幅に戦闘力がダウンしてしまいます。今まで近接クラスを触ったことがない「アクションが苦手な層」にとっては敵の攻撃をステップ回避やカウンター、PAや武器アクションのガードポイントでいなしていくのは至難の技です。

結果的に、今まで近接クラスを使い込んできたユーザーさんが有利なクラスになってしまっています。
ヒーローブーストは最大値を1割~2割程度まで下方するか、一回のカウンター成功で最大値になるくらいでないと近接クラスが苦手な層はいくら装備を強くしても上手な方と大きな差ができてしまい、キャラクター育成のモチベーションが大きく下がってしまいます。

フォースやサモナーといった操作が簡単でありながらも、キャラクターを育成するのを極めたら最強に近くなっていた今までの仕様から現在はいくらキャラクターを育ててもアクションが上手でないと強くなれないという仕様に変わり、今までキャラクター育成に力を入れていた層の居場所がなくなりました。

またレンジャーはウィークバレットやスタンディングスナイプといった、扱いが難しいスキルや癖の強いPAを使いこなすことで大幅に強くなる玄人向けのクラスでしたが、今は誰が使っても同じ攻撃力にしかならない、面白味のない凡庸なクラスになってしまいました。

結果としてEP5は、キャラクター育成、アクション要素どちらのやり込みも否定してしまい、ヒーロー自体がお手軽でも玄人向けでもない中途半端なクラスで、それを使うことを運営様が強制するような調整
(既存クラスを使いこなしてもヒーローはもっと簡単な操作で同じ攻撃力が出せてしまうため)
ユーザーのモチベーションを大きく低下させて、アクティブユーザーが減る一大要因になったのだと思います。

既存クラスにも以前のような一芸に秀でた部分が必要だというコメントには非常に共感いたしました。

運営様は下方修正された部分をある程度もとに戻して行くことも視野にいれた調整を考えるべきだと思います。

↓記事がよかったら投票おねがいします。(クリックするだけでいいです)


ファンタシースターオンライン2・攻略ブログ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント